色使い

アンデルセンの白鳥の話を読んだのはこの本が初めてだった。マーシャ・ブラウンの抑えめの色調が幻想的な雰囲気が物語に似合っていた。

 

白鳥 (世界傑作童話シリーズ)